庭先のハーブ

画像
庭先のローズマリーやラベンダー、タイムが生い茂ってきて
なんとかしなければ、と思いつつのびのびになっていたけれど
やっと今日、軍手をはめて一気に作業開始。
まずはぶどうのつるをワイヤーで壁につたわせ、
ハーブはちょっともったいないけれど、風通しが悪いと弱ってしまうので
ばっさりと刈り込み、雑草を引く。
ちょうど、お買い物から帰ったお向かいのおばあちゃんにもラベンダーをおすそ分け。
リビングの窓際にざっくりと飾り、残りはバケツに入れて玄関先においておく。
「アロマバスに・・・」などとハーブの効用を書いたカードをたてておくと
通りがかりの人がもっていってくれる。

庭のデザインをお願いした自由が丘のBROCANTEさんに
年に一度のミモザの剪定もしてもらい、すっきり。
あまり手入れをしなくてもいいように、ハーブを中心に植えているけれど
やっぱり手入れは必要。ちょうど今が育ち盛りの季節なので
パセリやミントは使っても使っても、消費が追いつかない。画像

オリーブは今年も花がたくさん咲いている。
ラズベリーは残念ながら不作。
レモンやアーモンドはなかなか結実しない。
去年からすぐりといちじくが仲間入り。
手間暇かけて、丁寧に育てているわけではないけれど
季節ごとに、少しずつ小さな庭先の風景が変わるのは楽しい。
たまに、こうして緑や土の香りに触れ、
穏やかでゆったりとした時間を感じ
時折カエルやミミズにでくわして
その年の出来不出来に一喜一憂する。

子供の頃、田舎に住んでいたときはそんなこと思いもしなかったけれど・・・