猫アラーム

めっきり肌寒くなり、朝は布団の中に一匹、掛布団の上に一匹、私の頭を覆うように一匹。
このまま、猫に埋もれて死んでしまいたいぐらいの心地よさで目が覚める。

極上の猫ぶとん。
ふっかふか。

私の贅沢な目覚めに反して、夫への猫アラームはけたたましい。
律儀なふぅちゃんは毎朝5:30きっかりに、まず夫の耳元で「みゃおん、みゃおん(ごはんごはん)」
無視していると顔の上に乗ってきて瞼や鼻をかじる。
あと、「み”ぎゃー(めしー)」とだみ声にしたりどすを利かせたり。
時にはベッド脇のバランスボールに乗って驚かせるという奇策を講じたりする。
それでも追い払い、頭まで布団を引っ張り上げて寝ていると
膀胱のあたりに座ってフミフミする。
たっぷり飽和状態になった朝の膀胱攻撃にやられた夫はしぶしぶ起き
「なんで5時半やねん・・・」とつぶやきながらキッチンに下りていき、
猫たちの朝ごはんを用意する。
画像

画像

そもそも、猫と一緒にいる時間は私の方が断然長いので
このまんまだと私にしかなつかなくなる。
動物は、ごはんをくれる人が一番えらいと思うに違いない。
そう考えた私は、
「この人のおかげでごはんが食べられるのよ」と教えるために、
猫のごはんは極力夫に用意してもらうようにしていたらこんなことになってしまった。
そういう意味で、動物は裏切らない。

夫が、食糧庫に入るたびに猫が三匹ひょこひょことついていき「おやつ、おやつ~」とせがむ。
モテモテで嬉しそうだが、
休日の前夜などは、「ふぅちゃん、お願いだから明日は目覚ましオフにしといてくれる?」と懇願している。