Bonne Annee 2016

画像

明けましておめでとうございます。

今年は夫の休みも短く、私は年末から風邪でずるずるしているうちに
容赦なくお正月は終わってしまった。
そんな中で夫とずっと楽しみにしていたイベントが
ウィンナーワルツ宮殿祝賀コンサート。

静かに、耳を澄ませて聴くクラシックではなく新年のお祝いムードたっぷりな会場は
バレエあり、ソプラノあり、コメディで始まる紙やすりをこすって音を奏でる曲などなど。
曲の度に衣装がかわるダンスも美しく、ヴァイオリンを習っている人ならきっと鳥肌モノの
ヴィルトゥオーゾのおまけつき。
客席から一人引っ張り出され指揮をやらされるサプライズ。
どの演目も楽しくて充実感たっぷりな2時間半を過ごした。

指揮はサンドロ・クトゥレーロ。
ウィンナーワルツを伝えお客さんを楽しませることに命をかけている、、、名物指揮者らしい。

オーケストラは同じ曲でも指揮者によってまったく印象が違ってくる、というのがあまりピンとこなかったけれど
全身でうなずきたいぐらい、その意味がわかった気がする。
サンドロさん。
指揮者ってあんなにも表情豊かな仕事だったんだ。

夫とクラシックの勉強を少し始めてから、今回楽しみにしていたラデツキー行進曲。
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでアンコールを飾るお決まりの曲だ。

これは拍手も演奏のうち、観客は拍手を指揮される。
サンドロさんに促されて拍手していると、今年はいいことしか起こらない気がしてきた。


今年もよろしくお願いいたします。