リネンの肌触り

麻100%が好きだ。 テーブルクロスもシャツも。 何よりベッドリネンは格別。 夏涼しくて冬温かい。 高価だけれど毎日使うものと思えば、他のものには代えがたい。 肌触りがよくて洗い立てはシャリっとしていて、だんだんくったりとしてきて体に優しく馴染む。 中世ヨーロッパではリネンは王侯貴族の嫁入り道具として財産目録に記される。…

続きを読むread more

ぼらの腰痛 その後

先月9歳の誕生日を迎えたぼら。 極上の米沢牛をお取り寄せしてもらってお祝い。 彼は冬頃からかわいい看護師さんに会えるのを楽しみに 腰のレーザー治療に通っている。 が、しばらくお休みのようで最近はずっと男性の看護師さん。 このあいだ久しぶりに出勤されてると思ったら なんと、苗字が変わってる。 まさかの新婚旅行だっ…

続きを読むread more

記念日の朝に

結婚23年目を迎えた。 二人ともあまり深く考えず能天気で 猫の6匹暮らしのような生活。 B型同士で自分のペースを保てる範囲で生きているから 波瀾万丈とか激動の人生とは無縁の星に生まれているのかもしれない。 要するに平凡な人生だ。 仕事も趣味も程ほどに楽しみ、 時々は、ストイックな集中力と非日常。 小さな庭先に花が…

続きを読むread more

ふぅちゃんを偲んで

ふぅちゃんの命日には焼肉と決めている。 牛柄のふぅちゃんの本名は牛を意味するぶふぶふ。 だから焼肉。 近所の美味しい焼肉屋さんが流行りすぎて予約が取りづらくなったので 今年はちょっと足を伸ばして昔何度か行ったお店、ら ぼぅふ。 がんばり屋さんで、よく気が利いて、面倒見がよく ぼらも大好きだったふぅちゃんの思い出話をしながら焼…

続きを読むread more

錫の酒器

ふだん、晩ごはんのときはワインを飲む事が多いけど 春先のこの時期は何となく日本酒の気分。 ここ数年、錫の酒器を集めていて冷酒を飲もうというときには これが出てくる。 鯛や鱸、平目など白身のお刺身、 たらの芽、ふきのとうなどちょっと苦味のある春の天ぷらと とても相性がいい。 金属なのに柔らかくて、少し力を入れておさえると…

続きを読むread more

断車輪

断捨離しなくてもいいように 安いものも高いものも買うときにちゃんと選んで 長く使えるものを修理しながら使っていくのが好きだ。 昨年のある日、夫が車を売ると言いだした。 東京に来てから18年、電車もバスもタクシーも便利な環境で お散歩大好き。 思えば何年かに一度関西に帰ったりする以外は まともに稼働していない。 車…

続きを読むread more

うどんになる

白金高輪でスペイン音楽コンクールの受賞者コンサート。 年末に行なわれたコンクールも聞きに行ったけれど、さすがに長すぎて最後までいられなかったから あの中かから選りすぐられた方の演奏をとても楽しみにしていた。 駅のエレベーターの上下すれ違いざま、 上から関西弁の親子 父 「夜、何食べたい?」 息子 「うどん」 …

続きを読むread more