テーマ:

Bonne annee 2019

明けましておめでとうございます 今年は東京フィルのニューイヤーコンサートで幕開け。 毎年この日を迎えながら 年々やりたいことが増え、 穏やかではあるものの時の経つ早さに戸惑ってしまう。 子どもの頃には、あたりまえの様に存在していて気づかなかったけれど 昨年の春からピアノがきて、ピアノのある暮らしってこんなにも豊かな気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐりぐり19歳!

10代最後の誕生日を迎えたぐりぐりのお誕生日パーティー。 秋刀魚のパエリアでお祝い。 魚介のダシでサフランライスを炊いて、焼いた秋刀魚を乗せる。 8月29日だからずっと焼肉でお祝いしていたけれど 実は焼き魚の方が好きらしくて 魚料理の日はネコヒト入り混じっての争奪戦 この日ばかりはネコファーストなので人間がおこぼれをいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちさ子さんとパリ祭、そしてめりめろ2歳!

3連休の初日、パリ祭の日は高嶋ちさ子さんのコンサート。 パガニーニのカプリースやチゴイネルワイゼンなど耳に馴染みのある曲がたっぷり。 スペシャルゲストに森山良子さん。 テレビで「あの広い、、、」や「ザワワ」など、唱歌みたいなのしか聴いたことがなかったから まるでオペラ歌手のような歌声、いつの間にかステージが一気に広がって 澄ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リネンの肌触り

麻100%が好きだ。 テーブルクロスもシャツも。 何よりベッドリネンは格別。 夏涼しくて冬温かい。 高価だけれど毎日使うものと思えば、他のものには代えがたい。 肌触りがよくて洗い立てはシャリっとしていて、だんだんくったりとしてきて体に優しく馴染む。 中世ヨーロッパではリネンは王侯貴族の嫁入り道具として財産目録に記される。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらの腰痛 その後

先月9歳の誕生日を迎えたぼら。 極上の米沢牛をお取り寄せしてもらってお祝い。 彼は冬頃からかわいい看護師さんに会えるのを楽しみに 腰のレーザー治療に通っている。 が、しばらくお休みのようで最近はずっと男性の看護師さん。 このあいだ久しぶりに出勤されてると思ったら なんと、苗字が変わってる。 まさかの新婚旅行だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念日の朝に

結婚23年目を迎えた。 二人ともあまり深く考えず能天気で 猫の6匹暮らしのような生活。 B型同士で自分のペースを保てる範囲で生きているから 波瀾万丈とか激動の人生とは無縁の星に生まれているのかもしれない。 要するに平凡な人生だ。 仕事も趣味も程ほどに楽しみ、 時々は、ストイックな集中力と非日常。 小さな庭先に花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふぅちゃんを偲んで

ふぅちゃんの命日には焼肉と決めている。 牛柄のふぅちゃんの本名は牛を意味するぶふぶふ。 だから焼肉。 近所の美味しい焼肉屋さんが流行りすぎて予約が取りづらくなったので 今年はちょっと足を伸ばして昔何度か行ったお店、ら ぼぅふ。 がんばり屋さんで、よく気が利いて、面倒見がよく ぼらも大好きだったふぅちゃんの思い出話をしながら焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫はうち!

夫が、一月の半ば頃からそわそわしながら指折り数えて待つのが節分。 節分というより恵方巻を大人気ないくらい楽しみにしている。 牛肉のしぐれ煮とだし巻き、壬生菜漬を巻いたぼらぼら巻、 そしてチャンジャ&クリームチーズのキンパが大好物。 スマホの方位磁石で南南東を確かめながら無言で丸かぶりした後 お祝いの乾杯、そしてイワシの生姜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーカス入団?!

めろ。 内弁慶で玄関のチャイムが鳴ると一目散に逃げて 部屋の隅の隅やベッドの奥底で「くわばらくわばら、、、」と息を潜めている、 臆病者でおとなしい猫かと思いきや、ごはんどきの彼女ときたら! 夫がごはんの準備を始めると、 自分が一番に、しかもみんなの分まで全部独り占めしたくて ぼらやぐりのことを本気の猫パンチで殴り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらのお楽しみ

猫なのに、もともとジャンプ力の乏しかったぼら。 見た目はいけにゃんなのに しょっちゅう飛び損ねてバツの悪そうな顔で私に慰めてくれと擦り寄ってくる。 そんなぼらがいつも朝ごはんの後くつろいでいる靴箱にも飛び上がれなくなり、 階段を上がる後ろ脚も何となく引きずっている。 夫は早速ぼらをキャリーに詰め込んでお医者さんへ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bonne Annee 2018

あけましておめでとうございます。 恒例のオペラシティー。 今年もウィーンフィルのニューイヤーコンサートで幕開け。 お馴染みサンドロ・クトゥレーロさん指揮。 宮廷音楽で華やかに新年を祝う。 今年は年末の買い出しも順調に済ませ 元旦の朝から初詣にいき 運良く天然の鯛が手に入ったので ふっくら香ばしく焼き上げてパエリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めりめろ 1歳!

昨年の夏、千葉の奥から山を越えてやってきた双子の三毛猫。 めりとめろ。 夫は「ぼくのかわい子ちゃん」と昭和のおっさんのようなかわいがり様でスリスリし 「あーしあわせや~」と日夜猫の料理番を務めている。 飽きもせずいつも一緒に昼寝をし、ごはんを食べ、じゃれ合っている。 かわいさ2倍どころではない。 つくづく2匹一緒にうちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらの恩返し

ぼらが目に見えて痩せてきた。 今年の誕生日プレゼントには健康診断のつもりだったけど お尻のあたりの肉がげっそり落ちてきて, もしかしたら腎臓が悪いのかも、、、、と心配になり 誕生日を待たずに受けることに。 1日病院に預けて全身の検査。 25,000円也。 診断結果を待ちながら ぼらの毎日を振り返る。 食欲旺盛。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時は金なり

めろは相変わらず幼児性が抜けず、どこで何をして遊んでいるのか いっつも手脚が汚れ、ところ構わずだっこだっことせがむ。 めりは手脚が長く、筋肉むっちり骨格しっかり。 一歳を迎える前に既に4キロ超えてしまい、最近は大林素子と呼ばれている。 ふぅちゃん亡き後、夫が死にものぐるいで探し出した双子の招き猫は 期待通り我が家に笑いと新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまどきの若い猫は。。。

トマト缶やツナ缶、コーン缶などをパカッと開ける音が聞こえると どこにいても一目散に集まってくる猫たち。 猫缶だと思って、お皿の前に全員集合していたのはひと昔前。 今はパウチを買うようになったので、缶詰を開けてもめりめろは無反応。 いまどきの若い猫はごはんが缶詰に入っているのを知らない。 その代わり、パウチに入ったお鍋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり出演ならず。

まる二日間に及ぶ家の取材。 「住人十色」という関西ローカルの番組 駅で待ち合わせをして、家の中に入るまでなんと二時間! キッチンをメインに二階のお風呂とプライベートスペース。 猫たちはお呼びがかかるまで、別室でたんまりおやつをもらって待機。 、、、が、お昼休憩が終わり、夕方陽が傾き黒目が大きくなって より一層かわいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出演ならず・・・

家の取材打合せ中、猫たちを二階に閉じ込めておいたのに 最近ドアを開けられるようになったぼらに続いて、あとの三匹が二階から駆け下りてきた。 ぼらはあの手この手ねこの手を駆使して気を引こうと必死だ。 ぐりは年長者の風格で悠々と視界を横切る。 めりは得意のスリスリご挨拶で愛想を振りまき、こっちから撮ってねと言わんばかりにポーズをキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉球休暇

めりめろは猛スピードで育っている。 二匹でごはんを競い合って奪い合って食べるからか、 今までの猫たちより成長が早い気がする。 うちの猫たち、17歳、7歳、そして6ヶ月。 猫の料理番をしている夫は、年齢ごとに違うキャットフードを 間違わないように、それぞれの器に入れて準備する。 背中によじ登ってごはんはまだかと急かされる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつも二人で

仔猫二匹を受け入れるって、夫が言い出した時は 世話も掃除も大変~~!と思ったけれど このちっちゃな二匹を見た瞬間に、 あー二匹一緒でよかった、、、と。 お姉さんぽくてしっかりものの めり。 まだ赤ちゃん要素が残っていて甘え上手な めろ。 めりがスイスイやることを真似して、めろが必死でがんばる。 いつも追いかけ合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンゴとフレンチ

表参道のBENOITでパリ友と新年会。 フレンチをいただきながらアルゼンチンタンゴのディナーショー。 フランス料理とタンゴ? と思っていたけれど、歴史的背景を聞いて納得。 19世紀初頭、「南米のパリ」と呼ばれるブエノスアイレスからパリにもたらされて大流行。 男女が抱き合って踊るのだから当時のカトリック教会から禁止令が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、彼は・・・

「安村」と呼ばれている。 色と体型がそっくりで。 全裸に見えるポーズ 「はいてませんけど」 2泊3日の帰省中、6日分のごはんを用意して出かけたら キレイに完食していた。 お留守番=食べ放題♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそろい

とら猫にはやはり目が行ってしまう。 夫と吉祥寺をふらふら歩いていて見つけたのがこれ。 リサ・ラーソンのプチボウル。 ふぅちゃんがいなくなって、それまで使っていた木のボウルを処分したので ちょうど探していたところだ。 あの木のボウル、ハイジがヤギのお乳を飲んでいて子供のころからほしいと思っていた代物。 一人暮らしを始めると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼ」の字サンド

マツコがホットサンドを絶賛したお蔭で、 あの懐かしく素朴なおいしさがリバイバル。 おにぎらずもしかり、近頃平たい主食の中にたっぷりおかずが入っているのがいいらしい。 ホットサンドメーカーどれがいいのか、やっぱり仕上がりの形状からは元祖BOW LOOのダブル。 でも、長い時間をかけて道具を育てていく感覚は南部鉄がいいな。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょぱんのその後

早くも挫折。 ***カフェコラム連載中*** 欧州のカフェ ピンク色のビアカクテル、モナコのお話です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらぼらの一日 雨の日はしょぱん

今日はひどい雨。 ピアノでも弾こうかな。 ニャーの♯ってどこだっけ? お、この黒いやつだな。。。 うちのしょぱん。 こんがりしょぱん。 ***カフェコラム連載中*** 欧州のカフェ ピンク色のビアカクテル、モナコのお話です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらぼら6歳!!

ぼらぼら6歳。 陽だまりを見つけては無防備に眠り、ぬいぐるみ大好きなぷちぼら時代、 精悍でしなやかな野性味を帯びた、いけにゃん時代を経て 「ぼら、何やってんの?」と言われることも多くなった。 年々、機敏な動きがなくなり、いつしか「おいなりくん」と呼ばれるようになった。 サバンナの虎のように駆け回っていた面影はもはやどこにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おきみやげ

ふぅちゃんが旅立って一週間。 気持ちを整理しながら 写真をまとめたり、ケージを片付けたり。 最後に病院でもらってきた二週間分のお薬も、そろそろ買わなきゃと思っていたオムツも ちゃんと使い切って、旅立ったふぅちゃん。 唯一、買い物袋に入ったまんま手つかずだったのが大量の猫缶。 買ってきてすぐに寝たきり状態になってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふぅちゃん

ふぅちゃんが天に召された。 おととしの冬ごろからやせ始め、 悪性リンパ腫で余命3ヶ月、抗がん剤を使っても6ヶ月と宣告され、 一度打ったものの、副作用がひどくて見ていられず こんな苦しい時間を延命するなら、、と 与えられた命の限界をそのまま受け入れる事を選んだ。 毎月のイベントや記念日を目標に 毎日大好きなごはんをいっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこ雛

ぐりぐりとふぅちゃん。 うちには二匹の女の子がいるので一応おひなさまを飾る。 今年は、たまたま見つけた新しいねこ雛でお祝い。 最初は張り切ってたのにやっぱり寝ちゃった感じがよく出ている、ゆる~いねこ雛。 やる気のなさ加減が、いかにも猫らしい。 生後1年ぐらいは、いきなり千本ダッシュを始めたり 獲物を捕らえては得意げに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫アラーム

めっきり肌寒くなり、朝は布団の中に一匹、掛布団の上に一匹、私の頭を覆うように一匹。 このまま、猫に埋もれて死んでしまいたいぐらいの心地よさで目が覚める。 極上の猫ぶとん。 ふっかふか。 私の贅沢な目覚めに反して、夫への猫アラームはけたたましい。 律儀なふぅちゃんは毎朝5:30きっかりに、まず夫の耳元で「みゃおん、みゃお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more