テーマ:地震

ありものレシピ

家にあるもので、パパっと作るメニュー。 お酒を飲む人なら、結構得意分野かもしれない。 オリーブに柴漬け、 ししゃものペペロンチーノ、 クリームチーズにたくあんは「クロカン・フロマージュ」という素敵な名前を命名され 立派なおもてなしメニューに昇格した。 冷蔵庫の片隅に忘れかけていた野菜のかけらまで、 何とかして酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく

「何もできない焦燥感」、が被災を免れた人々の心の中に現れて、 うつうつと過ごした人も多い1ヶ月だったけれど ようやく、徐々に日常を取り戻し気持ちも明るくなってきたのをあちらこちらで感じ取れる。 「今、自分にできること」という言葉が日本のキーワードになり、テレビやネットで流され 私もそれを考えながら過ごしてきた。 地震後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新芽

エストラゴンの種まきをした。 昨年植えた苗が冬を越せず枯れ枝になってしまい ネットで探しまくったものの苗はすべて売り切れで、今年は種を蒔こうと一袋買っていた。 ところが、、、枯れたと思っていたエストラゴンの茎のふもとに小さな芽が数箇所に出ている。 ちょっと、葉をつんでかじってみたらアニスの甘い香り。 生きてたんだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫も・・・

計画停電、うちの地域はまだ一度も実施されていないけれど 日が沈むと一気に寒くなるので、少しダンスの練習。汗をかかない程度に。 これで小一時間、体はぽかぽか暖かい。 ついでにテラコッタのモップかけ。 うちは「ねこたつ」や「にゃんカイロ」として、三匹の猫も微力ながら節電に協力している。 毛布の中に猫を入れてひざ掛けにすると結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエシマ作戦

首都圏のスーパーでは品薄が続いている。 不安に駆られて買ってしまう気持ちもわかるけれど どうして、こんな事態に独り占めしようと思うのか。 少ないものを分け合って、工夫して生活しようと思わないのか。 あんな悲惨な光景をみて、少しでも被災地に回そうと思えないのか。 無事に生活できているのに、なぜ? お米もトイレットペーパーも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野さん

事態が深刻化する中、好感度とともに関心が高まっている枝野官房長官の睡眠時間。 枝野さんが画面に出てくるとなんだか安心する。 ずんぐりした体型がそう思わせるのか。 しっかりとした声でゆっくjりわかりやすく話してくれるからか。 こんな政治家もいたんだというぐらい癒される。 スーツよりも、あの作業服がやけに似合う。 毎日何度も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうか・・・

日ごと被害状況がひどくなり、悪夢のような光景。 どうかただの悪夢であってほしい。 テレビを消して、もう一度つけたらいつものように他愛のない楽しい番組が流れているのではないだろうか。 一瞬の間に、何もかも破壊され波にさらわれてしまった。 命やずっとずっと築き上げてきたものがなくなるって、こんなにもあっけないものなのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more