テーマ:ホームパーティー

チーズパーティー2017

今年もミモザの季節がやってきて、チーズパーティーが開催される。 華やかで簡単でおいしい「帆立とマスカルポーネのディップ」はレッスンでもお食事会でも人気メニュー。 レディーサラダの花びらにつけていただく。 はちみつを少し垂らしたシェーブルのサラダは、ほろ苦い春の山菜と合わせるとおいしい。 フランスではたんぽぽのサラダと合わせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーズパーティー2016

週末は毎年恒例のチーズパーティー。 パーティーの開催が決まったら、食べごろを逆算しつつ 気が付いたときに少しずつ買い集めて当日を迎える。 今年のイチオシはOssau Illary. ベアルン地方オッソーの谷、バスク地方イラティーの森で生産される羊のチーズ。 今まであまり見かけなかった気がするけど 話題になっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじさいのテーブル

バラが終わってあじさい。 くっきり鮮やかなマゼンタのシーアンはご近所から一番人気。 一本でボリュームがとれるので、ブーケにも重宝する。 カラーセミナー時代のコーディネーターが久しぶりに集まって同窓会。 スモーキーなブルーグリーンのクロスに合わせたテーブル。 梅雨の時期は全体のトーンをちょっと落とした方が外の景色にしっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿司パーティー

ダンスメンバーが開店当初からお世話になっている赤坂のお寿司屋さん。 年に一度、我が家に来ていただき寿司パーティーを開く。 彼女たちとはチーズやてんぷら、カレー、パンケーキなどなどテーマパーティーを開くけど、 この出張寿司パーティーはとりわけ贅沢なスペシャルイベント。 ダンスユニットなのに、ここんとこ食べるイベントばっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミモザのテーブル

今年のミモザは樹形がけっこううまくまとまって開花。 冬の間、雪が積もらずに枝も折れずにすんだ。 ご近所やお友達に配り、毎年恒例のリースを作る。 イースターを待つ真っ白うさぎと黄色いミモザ。 ふわふわイメージのこの二つのアイテムは この時期、テーブルの上でもベストコンビネーション。 アペリティフはやっぱりオレンジジュースを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンケーキ祭り

パンケーキレシピが今年のカレンダーに採用され ダンスメンバーからリクエストが入り、週末はパンケーキパーティー。 結成して9年、4人でいつも集まっていたけれど その間メンバーが一人増え、結婚、出産、、、 大人8人、子供5人、子孫繁栄大パンケーキ祭りとなった。 お酒でちびちび型の私たちとは対照的に、 子供たちの食欲はハンパな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼらのパワースポット!

仕事やごはん、ダンス、お花、猫、パリ。。。 この家も11年目、パワフルで個性的な仲間が足を運んでくれる。 11年の間に、パートナー募集中だった人は素敵なお相手を見つけ、 カップルで来てくれた人は結婚し、 数組の夫婦はマイホームを手に入れた。 偶然かもしれないけれど、偶然とも言えないような遠からぬタイミングで幸せなことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子会

4歳の姪っ子が、「ばぁばとじょしかいする」と言って、父は除け者にされるのだという。 男子女子って、学生までか競技の時だけ使うものだと思っていたから なんか違和感があったけれど、女子会という言葉もすっかり定着した。 とはいえ、うちのばぁばも女子なのか、まぁ女子トイレを使っているうちは女子なのだろう。 気軽に集まって、女性だけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fete des fromages

恒例になりつつある、ダンス仲間とのチーズパーティー。 当日の朝予定の時間に届かずひやひやしていたら、ゲストとともにごゆるりと到着した手編みのモッツァレラ。 クール便で冷えたからだをぬるま湯につけて人肌に戻してやるとじゅわっとミルクが溢れ出す。 この日のために大事にとっておいた今季最後のデリスダルジェンタル。 程よい塩加減に濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グータンDX.

先週末は15名のビュッフェパーティー。 グータンDX.と題してアラサーからアラフィフまで、年齢も職業も違う女性たちが我が家に集まって異業種交流会。 今回のテーマは「大人の女のアペリティフ」 メニューはタルティーヌやグラスアミューズ、ピンチョスなどのフィンガーフードを中心に。 Aperitif なかなか日本で浸透しづらい習慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祝いの一日

お友達からの依頼で、朝から還暦のお祝いブーケを作る。 パーティーで一人ずつ分けられるように小さなブーケを作って、それを束ねて大きな60本のブーケにして~、との希望。 やっぱり外せない真紅のバラ。 ロゼッタ咲のちょっと変わったバラを入れて、ボルドーのカーネーション、フューシャの芍薬を入れて赤のグラデーション。 アジサイの葉やレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bonne Annee2012

明けましておめでとうございます。 地球の波動とリンクしているのか、昨年は悲しい知らせが多かったけれど 我が家はなんとか無事にお正月を迎えられた。 シャンパンを開け、つまみは二人とも大好きなあん肝。 そして素敵な一年にするためにやっぱりフォアグラは食べておく。 二歳の姪もやっとぽつぽつしゃべれるようになって 「何がすき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paris-Morocco

<奥のソファーに・・・・もれなく写りたがるぼら> パリ友とのお食事会、今回のテーマはモロカンフレンチ。 シックなパリ色に赤やオレンジ、ピンクなど色とりどりのエキゾチックカラーを合わせたテーブルは 南国の原色鮮やかな色合いとはまた違い、アラブの神秘的な要素も加わったとても好きなスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more